ビットコイン以外の仮想通貨

現状、ビットコインは「デジタルゴールド」みたいな感じの資産になっていて、マイクロペイメントに使えなくなっています。

私はイーサリアムを押していますが、イーサリアムは手数料がほとんどかかりません。すぐに決済ができて、実はビットコインよりもトランザクションの量が多いのです。それに気づいた人がこぞって今どんどんとイーサリアムを買っているので、2017年11月初めに270~315ドルで推移していたイーサリアムの価格は爆上げして、2018年1月末には1,000~1,200ドルで推移してきています。基軸通貨としてのイーサリアムの需要は今後もっと伸びるのではないかと予想しています。

ただ、今後はビットコインがアップデートして、マイクロペイメントに使われるようになれば、それはすごくいい事ですし、全然あり得ることなので、今後のニュースには注目していくべきでしょう。現在の見通しでは、ビットコインで支払うよりも、イーサリアムで支払った方が円滑に決済ができるので、わざわざビットコインでは支払うことはあまりないかと思います。

イーサリアムには契約書の保存とか様々な機能が付いているので、今さらビットコインを持つ必要性をあまり感じていません。実際、私は仮想通貨投資を行っている友人とのお金のやり取りは、基本的に全てイーサリアムで行っていて、保有ビットコイン枚数はゼロです。持っていません。しかし、今後ビットコインがマイクロペイメントに対応してくるようであれば、ビットコインを購入して保有していくことになると思います。

ビットコインは2017年の1年間で、価格が20倍にもなりました。一方で、イーサリアムの価格は90倍です。ビットコインは仮想通貨投資をやっていない人でも、一度くらいはその名前を聞いたことはあるくらい有名ですが、ビットコイン以上に価格が上がっている仮想通貨は山ほどあるのです。

ただ、基軸通貨としてのビットコインに強烈なブランドイメージがあって、アルトコインもその恩恵を受けているのは事実です。海外の取引所はビットコイン建ての取引しかできないところもたくさんあります。

そのため、ビットコインの価格が上がると、その仮想通貨自体の価値は変わらなかったとしても、アルトコインの価格は下がってしまいます。そうすると、ビットコイン建てでトレードしている人は、すごく暴落してるので買いだと思って買うわけです。結果的に、ビットコインに釣られて、他のアルトコインの価格も上がっていって、最終的にビットコイン以上の値上がり率を見せることが時々あるのです。そこを狙うと、ビットコインを持っているよりも稼げるというケースはよくあります。

最近では、都内の家電量販店とかでもセミナーや講習会などをよく見かけるようになりました。

マイニング講習会は、40~50代を中心に盛り上がっています。若い時に自作パソコンやっていたけどだんだんと下火になって、でも最近マイニングで盛り返してきていてどうなっているんだろうって参加する人が多いようです。

一方で、若い人が多いのは投資系のセミナーや講習会です。投資系はやはりツイッターや情報収集がメインなので、それについていけるような20~30代の参加者に人気があります。

FXや仮想通貨投資のように、若干ゲーム的な要素のある「投機」は、ゲーム世代の若年層も多いのでは、と思うかもしれませんが、ゲームをやっている層はまだ中高生とか、大学生なので、そんなにパーツを買うお金があるわけではありません。

ある程度自分で使えるお金がある30~40代のサラリーマンの人などが、40~50万かけてちょっとやってみようというのが多いのではないでしょうか。

まずは自分が余裕を持って使える範囲のお金で始めるようにしましょう。