初心者のための仮想通貨投資の始め方

初心者でも安心してできる投資方法は、bitFlyerやZaifなどの国内取引所にアカウントを作成して、まずは国内取引所でビットコインやイーサリアム等の主要な仮想通貨を買うのが一番いいと思います。仮想通貨投資は数百円からできるので、少額でいいので、まずはとにかく「やってみる」ことが最初のファーストステップです。下記のような初心者向けのしっかりしたサイトもありますので、参考にしながら始めましょう。

秒速で稼ぐ!仮想通貨投資の始め方
http://www.仮想通貨投資始め方.com/

初心者の人は、まずはビットコインかイーサリアムを買って、仮想通貨の時価総額が高い順に手を広げていくのがいいと思います。時価総額が高い=通貨の信用力が高い、ということなので、初心者の人は安心&安全に仮想通貨取引ができると思います。主要4種類の仮想通貨である、ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、リップルの時価総額は、なんと全体の約7割ものシェアがあります。まずは、これら4種類の仮想通貨を購入して、中長期的にホールドしていくのがいいと思います。

仮想通貨市場は、比較的ボラティリティ(価格の変動幅)が高いと言われているFX・株・先物相場に比べても、さらにボラティリティが高く、仮想通貨相場自体が過渡期で不安定な状態なのです。主要な仮想通貨は緩やかな上昇傾向であることはわかりますが、逆に言うと、それくらいしか読み取れず、特に短期的な価格予測は極めて困難です。今後、そいうか、次の1分後にどのようなトレンドになるか、予測がつかない状態なのです。

そのため、仮想通貨で儲けること=投機になります。投機をやるって人に対しては、まず相場の基本を勉強して、ハイリスクハイリターンの場として仮想通貨をやるのはありかと思います。その上で腕に自信のある人だったら挑戦すべきでしょうし、それが怖いのであれば、もっとボラティリティが小さいFXとかをやったほうがいいかもしれません。入口が違うだけで、基本的にはFXとかトレードと同じ世界なのです。

ということで、その人自身が仮想通貨のどのような部分に興味があるのか、をクリアにしておく必要があります。単純に利幅が高い投資、として捉えるのであれば、取引所にアカウントを作って、どちらかというと投機的なトレードをしていく、ということになってくると思いますが、そうなってくるとFXや先物取引と何も変わらないのです。テクニカル分析なども同様に応用できるため、仮想通貨だから特殊なテクニックが必要ということはなく、ちゃんと相場についての勉強をすべきでしょう。

そもそも投資を経験したことない全くの投資ド素人の場合は、とにかく手持ちの「余剰資金」でビットコインをまずは買って、投資に慣れてみるのが一番です。購入して売らずに中長期的に保有し続けるというのも、立派な投資戦略です。まずはホールド(保有)するだけでもいいと思います。

日本では少々レアな株の値動きをするのですが、グローバルでみると、基本的に会社が成長・発展していく間は、株式の時価総額は増加し続ける傾向にあります。短期的な株価の変動に振り回されるのではなく、忘れたように放置しておくのが実は一番いい方法かもしれません。

仮想通貨投資だけではなく何事にも言えますが、まずはトライしてみる(買ってみる)ことが重要です。仮想通貨を買って保有し、小さな投資を繰り返すことで、仮想通貨が身近な存在になり、毎日のニュースや値動きにも興味を持つようになります。そこから世界が広がり、あなた自身の知識やスキルも飛躍的に向上していくのです。

最初は少額から開始、が基本になってきます。自分で扱っていて「怖いな」と思うような金額のお金は絶対に投資してはいけません。それは1万円だったり、100万円だったり、人によって違ってくると思いますが、慣れてきて、この感じであれば、この程度投資してもいいかなという感覚、具体的には、どの仮想通貨をどの程度保有するかというようなポートフォリオを自分で作って投資判断していけるような能力を養うことが大切です。仮想通貨投資はあくまでも投資手法の一つに過ぎず、投資手法という意味では、不動産もあれば株もあるわけなのです。

ただし、仮想通貨投資におけるリスクはしっかり理解しておくようにしましょう。数年前のマウントゴックス事件や、最近のコインチェック事件など、ハッキングや取引所の破綻による資産喪失のリスクがあることはしっかり認識しておくべきです。最近では、取引所のセキュリティ対策もしっかりしてきていますが、自分自身でリスク管理をしっかりとしておくべきです。コインチェックでのNEM流出事件以降、ハードウェアウォレットもよく売れているようです。

投資は自己責任であり、法整備の不十分な仮想通貨投資においては、なおさら自分自身でリスクコントロールしていくことが求められますので、しっかりと必要な知識を身につけて投資に挑むようにしましょう。