初心者のための仮想通貨投資の始め方

初心者でも安心してできる投資方法は、bitFlyerやZaifなどの国内取引所にアカウントを作成して、まずは国内取引所でビットコインやイーサリアム等の主要な仮想通貨を買うのが一番いいと思います。仮想通貨投資は数百円からできるので、少額でいいので、まずはとにかく「やってみる」ことが最初のファーストステップです。下記のような初心者向けのしっかりしたサイトもありますので、参考にしながら始めましょう。

秒速で稼ぐ!仮想通貨投資の始め方
http://www.仮想通貨投資始め方.com/

初心者の人は、まずはビットコインかイーサリアムを買って、仮想通貨の時価総額が高い順に手を広げていくのがいいと思います。時価総額が高い=通貨の信用力が高い、ということなので、初心者の人は安心&安全に仮想通貨取引ができると思います。主要4種類の仮想通貨である、ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、リップルの時価総額は、なんと全体の約7割ものシェアがあります。まずは、これら4種類の仮想通貨を購入して、中長期的にホールドしていくのがいいと思います。

仮想通貨市場は、比較的ボラティリティ(価格の変動幅)が高いと言われているFX・株・先物相場に比べても、さらにボラティリティが高く、仮想通貨相場自体が過渡期で不安定な状態なのです。主要な仮想通貨は緩やかな上昇傾向であることはわかりますが、逆に言うと、それくらいしか読み取れず、特に短期的な価格予測は極めて困難です。今後、そいうか、次の1分後にどのようなトレンドになるか、予測がつかない状態なのです。

そのため、仮想通貨で儲けること=投機になります。投機をやるって人に対しては、まず相場の基本を勉強して、ハイリスクハイリターンの場として仮想通貨をやるのはありかと思います。その上で腕に自信のある人だったら挑戦すべきでしょうし、それが怖いのであれば、もっとボラティリティが小さいFXとかをやったほうがいいかもしれません。入口が違うだけで、基本的にはFXとかトレードと同じ世界なのです。

ということで、その人自身が仮想通貨のどのような部分に興味があるのか、をクリアにしておく必要があります。単純に利幅が高い投資、として捉えるのであれば、取引所にアカウントを作って、どちらかというと投機的なトレードをしていく、ということになってくると思いますが、そうなってくるとFXや先物取引と何も変わらないのです。テクニカル分析なども同様に応用できるため、仮想通貨だから特殊なテクニックが必要ということはなく、ちゃんと相場についての勉強をすべきでしょう。

そもそも投資を経験したことない全くの投資ド素人の場合は、とにかく手持ちの「余剰資金」でビットコインをまずは買って、投資に慣れてみるのが一番です。購入して売らずに中長期的に保有し続けるというのも、立派な投資戦略です。まずはホールド(保有)するだけでもいいと思います。

日本では少々レアな株の値動きをするのですが、グローバルでみると、基本的に会社が成長・発展していく間は、株式の時価総額は増加し続ける傾向にあります。短期的な株価の変動に振り回されるのではなく、忘れたように放置しておくのが実は一番いい方法かもしれません。

仮想通貨投資だけではなく何事にも言えますが、まずはトライしてみる(買ってみる)ことが重要です。仮想通貨を買って保有し、小さな投資を繰り返すことで、仮想通貨が身近な存在になり、毎日のニュースや値動きにも興味を持つようになります。そこから世界が広がり、あなた自身の知識やスキルも飛躍的に向上していくのです。

最初は少額から開始、が基本になってきます。自分で扱っていて「怖いな」と思うような金額のお金は絶対に投資してはいけません。それは1万円だったり、100万円だったり、人によって違ってくると思いますが、慣れてきて、この感じであれば、この程度投資してもいいかなという感覚、具体的には、どの仮想通貨をどの程度保有するかというようなポートフォリオを自分で作って投資判断していけるような能力を養うことが大切です。仮想通貨投資はあくまでも投資手法の一つに過ぎず、投資手法という意味では、不動産もあれば株もあるわけなのです。

ただし、仮想通貨投資におけるリスクはしっかり理解しておくようにしましょう。数年前のマウントゴックス事件や、最近のコインチェック事件など、ハッキングや取引所の破綻による資産喪失のリスクがあることはしっかり認識しておくべきです。最近では、取引所のセキュリティ対策もしっかりしてきていますが、自分自身でリスク管理をしっかりとしておくべきです。コインチェックでのNEM流出事件以降、ハードウェアウォレットもよく売れているようです。

投資は自己責任であり、法整備の不十分な仮想通貨投資においては、なおさら自分自身でリスクコントロールしていくことが求められますので、しっかりと必要な知識を身につけて投資に挑むようにしましょう。

仮想通貨投資で勝つためには情報が大事

仮想通貨の最新情報をゲットするのに一番いいのは、その仮想通貨の公式サイトや公式チャット「スラック」です。公式サイトは、コミュニティが活発ですし、ブログなどの更新頻度も高いので、その仮想通貨の勢いを把握することもできます。

スラックはICOなどの情報収集には欠かせないもので、リアルタイムにプロジェクト運営者とチャットができたりするのが魅力ですが、運営を装って仮想通貨を騙し取ろうとするスパムの多さが問題になっています。

他に欠かせないのが公式Twitterのチェックでしょう。公式サイトの更新情報が次々と流れるので、要チェックです。マメに公式サイトに飛ぶ時間がなければ、公式Twitterのタイムラインを見て、「これは‼」という時に公式サイトを訪問するのがおすすめです。

仮想通貨@2ch掲示板のチェックも欠かせません。ポジショントーク(自分の建て玉状況に有利な情報、見通しを述べること)になりがちですが、最新情報をガンガン発信する人がいたり、専門的な知識を持った人に驚かされることもあります。情報の鮮度は掲示板の方が高いですが、まとめブログだと仮想通貨の流れをつかむことができます。

海外サイトでは「ビットコイントーク」がおススメです。世界最大の仮想通貨の掲示板です。世界中のプロジェクト支持者が参加しているので、英語力があるなら必見のサイトと言えるでしょう。

【仮想通貨の情報ソース】
・公式サイト
各仮想通貨運営会社が持っています。ちなみに、リップルが爆上げするきっかけになったのも、公式サイトのブログでした。日々のチェックが不可欠。

・公式SNS
公式サイトの情報が次々と流れてくるので、情報の鮮度を考えればチェックは欠かせません。その他にもTwitterは検索機能が使えます。

・公式チャット
「スラック」のこと。重要なのですが、スパムの多さにネットにはスラックのアカウントの削除方法のサイトも見られます。まずは1回ご参加を。

【仮想通貨2大公式チャットアプリ】
Slack(スラック)の特徴
世界中の仮想通貨ビジネスの現場で使用されているチャットアプリ。チャットだけでなく、botを作成することができます。LINEなどとは異なり、プロジェクトベースのチャットアプリなので、プロジェクトごとにアカウントを作成しなければなりません。
・プロジェクトベースのチャットアプリ
・1プロジェクトにつき、1アカウントが必要
・加入するには加入URLが必要(または招待)
・プロジェクト内にチャンネルが複数ある

Telegram(テレグラム)の特徴
LINEライクで、しかも質のいい議論が展開されているSNS。基本的には英語のテレグラムが多いのですが、「Crypto 友の会」や「NEM Japan」など日本語の数少ないテレグラムもあります。全ておデバイスに対応。1つのアカウントで複数のプロジェクトへ参加可能です。
・LINEのような感覚
・1対1のチャット、グループチャットも可能
・認証に電話番号が必要

ビットコイン以外の仮想通貨

現状、ビットコインは「デジタルゴールド」みたいな感じの資産になっていて、マイクロペイメントに使えなくなっています。

私はイーサリアムを押していますが、イーサリアムは手数料がほとんどかかりません。すぐに決済ができて、実はビットコインよりもトランザクションの量が多いのです。それに気づいた人がこぞって今どんどんとイーサリアムを買っているので、2017年11月初めに270~315ドルで推移していたイーサリアムの価格は爆上げして、2018年1月末には1,000~1,200ドルで推移してきています。基軸通貨としてのイーサリアムの需要は今後もっと伸びるのではないかと予想しています。

ただ、今後はビットコインがアップデートして、マイクロペイメントに使われるようになれば、それはすごくいい事ですし、全然あり得ることなので、今後のニュースには注目していくべきでしょう。現在の見通しでは、ビットコインで支払うよりも、イーサリアムで支払った方が円滑に決済ができるので、わざわざビットコインでは支払うことはあまりないかと思います。

イーサリアムには契約書の保存とか様々な機能が付いているので、今さらビットコインを持つ必要性をあまり感じていません。実際、私は仮想通貨投資を行っている友人とのお金のやり取りは、基本的に全てイーサリアムで行っていて、保有ビットコイン枚数はゼロです。持っていません。しかし、今後ビットコインがマイクロペイメントに対応してくるようであれば、ビットコインを購入して保有していくことになると思います。

ビットコインは2017年の1年間で、価格が20倍にもなりました。一方で、イーサリアムの価格は90倍です。ビットコインは仮想通貨投資をやっていない人でも、一度くらいはその名前を聞いたことはあるくらい有名ですが、ビットコイン以上に価格が上がっている仮想通貨は山ほどあるのです。

ただ、基軸通貨としてのビットコインに強烈なブランドイメージがあって、アルトコインもその恩恵を受けているのは事実です。海外の取引所はビットコイン建ての取引しかできないところもたくさんあります。

そのため、ビットコインの価格が上がると、その仮想通貨自体の価値は変わらなかったとしても、アルトコインの価格は下がってしまいます。そうすると、ビットコイン建てでトレードしている人は、すごく暴落してるので買いだと思って買うわけです。結果的に、ビットコインに釣られて、他のアルトコインの価格も上がっていって、最終的にビットコイン以上の値上がり率を見せることが時々あるのです。そこを狙うと、ビットコインを持っているよりも稼げるというケースはよくあります。

最近では、都内の家電量販店とかでもセミナーや講習会などをよく見かけるようになりました。

マイニング講習会は、40~50代を中心に盛り上がっています。若い時に自作パソコンやっていたけどだんだんと下火になって、でも最近マイニングで盛り返してきていてどうなっているんだろうって参加する人が多いようです。

一方で、若い人が多いのは投資系のセミナーや講習会です。投資系はやはりツイッターや情報収集がメインなので、それについていけるような20~30代の参加者に人気があります。

FXや仮想通貨投資のように、若干ゲーム的な要素のある「投機」は、ゲーム世代の若年層も多いのでは、と思うかもしれませんが、ゲームをやっている層はまだ中高生とか、大学生なので、そんなにパーツを買うお金があるわけではありません。

ある程度自分で使えるお金がある30~40代のサラリーマンの人などが、40~50万かけてちょっとやってみようというのが多いのではないでしょうか。

まずは自分が余裕を持って使える範囲のお金で始めるようにしましょう。

決済手段としてのビットコイン

GMOとDMMのマイニング、GMOは結構本格的にやってくるのではないかと見ています。一方でDMMに関しては、あまり情報が無く、実際どんなとこなんだろうという感じですね。GMOははハードウェアにもお金をかけて開発していて、マイニングの正統派路線と言えます。このような分野において、一番利益の堅いところを抑えにいっていると思います。

今後の影響としましては、ハッシュパワーが分散されるため、ビットコインにとってはいいことだと思っています。もしかしたらビットコインの価格が上がるかもしれません。

あとはGMOとかDMMのような大企業がビットコインと横に並ぶことによって、多くの人が目にしますので、今までは「ビットコインはちょっと怪しい」「詐欺なのでは?」と思っていたような人も、「ちょっとやってみよう」と思ってお金を入れることが増えるかもしれません。そうなると結果的に仮想通貨の時価総額が上がるので、価格が上昇する可能性があります。

マウントゴックス事件しかり、今回のコインチェック事件しかりで、あくまでも取引所側の落ち度なだけで、仮想通貨自体はハッキングされていませんし、安全性や先進性が否定され欠陥が見つかった、ということではありません。

とはいえ、技術的なことが全くわからない人達は、そういうことが全く理解できないので、仮想通貨=怪しい、危ない、詐欺だ、っていうイメージはなかなか払拭されないだろうと思います。

今後、管理の甘い取引所が破綻するようなことは少なかれ出てくると思っています。現状、杜撰な経営や管理をしているところは山ほどあるはずなので。しかし、ビットコインを持っていて安全に取引したい場合は、ハードウォレットといって確実に人から盗まれない、インターネットから切り離して管理・保有する方法もあります。ハードウェアウォレットを使うことで、取引所のハッキングとは全く無縁になるので、ビットコインをはじめとした仮想通貨の価値が暴落することがなければ大丈夫だと思います。

今後ビットコイン決済できるお店は増えていく傾向にあるとは思いますが、マイニングなど、決済が増えることの影響は出てくるでしょう。

ビットコインはマイニングする人がたくさんいても、システム上、承認される送金の量は決まっています。なので送金が増えれば増えるほど詰まって、送金詰まりを起こして宙に浮いたお金が増えてしまい、価値が下がります。

大体、5万円のトランザクションが正常値というか、いつもそのくらいは詰まっているのですが、早く送金して欲しい人は手数料を上げて、例えば、100円の手数料のところを1,000円とかに設定するわけです。マイナーからしたら、一番高い手数料を払ってくれた人のトランザクションを優先的にマイニングするのですが、暴落中などの時は早く売りたいので、自分のハードウェアウォレットに入れたりしているのを取引所にすぐに送金します。

するとどんどん手数料も値上がりして、最初は1,000円で足りるだろうと思っていた手数料が、2,000円払わないと送金できない、ってことになってしまうと、2,000円でも詰まってしまう、という事態に陥ります。それで浮いたお金が積み上がっていき、20万トランザクションくらいになってしまうと、全く送金が完了できず、本当に大変なことになってしまいます。

現状はビットコインで100円払うのに高い手数料がかかってしまうので、今後さらなる普及のためには、この課題を早期に解決していく必要がありそうです。